読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れセブ島旅行⑥セブで食べたもの

すっかり更新が滞ってましたが再びセブ島旅行の続きです。

 

子連れなので冒険はできないよね、とホテルの中で食事を取ることが多かったのですが、お料理とっても美味しかったです!

東南アジアにいることを忘れてしまいます。

食べ物を前にすると写真を撮ることを忘れてしまうらしく、あまり残っていないのですが…

 

f:id:theakatsuki401:20170423085319j:image

エビのグリル。

勧められて値段を確認せずに頼んだのでドキドキしましたが800ペソくらいだったような。良心的。

 

f:id:theakatsuki401:20170423085329j:image

モーニングビュッフェ

フレッシュフルーツとかスムージーとか、南国らしいものも、定番のオムレツも、パンもチーズも、アジアらしい麺もあって、3日間全く飽きませんでした。

 

f:id:theakatsuki401:20170423085518j:image

f:id:theakatsuki401:20170423085529j:image

ランチに食べたゴージャスなハンバーガーとクラブハウスサンド

650とか700ペソくらいだったかな。

ボリューム満点で美味しかったです。

 

ディナービュッフェも食べたんだけど全く写真撮ってませんでした😅

 

最後にフィリピン航空の機内食

f:id:theakatsuki401:20170423085608j:image

f:id:theakatsuki401:20170423085628j:image

かなり謎が多かったです!

肉が全部繋がってたり、マカロニサラダにレーズンはまだしもパイナップルとか、杏仁豆腐にコーンとか!

期待してなかったけど驚きでした😵

 

まぁそれもいい思い出ですね。

 

電車の旅に、えきねっと『トクだ値』が最強過ぎる!

先日JRの切符予約サービスを利用したのですが、かなり便利でお得でビックリしました!

 

インターネットで切符を予約するには必ず『えきねっと』の会員登録が必要です。

会員登録にはクレジットカードの登録が必要になります。

 

えきねっとのサイトでログインして必要な切符を予約、指定席の場合は座席を指定して申し込むと予約完了です。

予約番号が発行されるので、一応控えました。

(ちなみに、その後この予約番号を使う事なく切符を手にする事ができました。)

f:id:theakatsuki401:20170423081845j:image

 

予約が完了したら、当日までに切符を受け取ります。

受け取りはJRの駅か指定席券売機で発行できます。

 

私は券売機を使ってみました。

指定席券売機のトップ画面に、『インターネット予約の受取り』があるのでコレを選択。

f:id:theakatsuki401:20170423082710j:image

えきねっと予約の受け取りに進みます。

 

すると、予約時に登録したクレジットカードを求められます。

え?予約番号とか電話番号とかいらないの?と思いつつカードを券売機に挿入すると、私が予約していたチケットが画面に表示されました!

 

あとはカードの暗証番号を入力すれば発券されるという仕組みです。

なんて便利なんでしょうか!!

(今思えば、使用したクレジットカードはVIEW Suicaカードだったので、

発券も不要になったらもっといいのに〜と思いましたが…

いつの日かきっとそんな世の中になるんではないでしょうか。)

 

あまり電車の旅ってしたことがないんですが、こんなに簡単に予約ができるなら、休みに電車でぷらっと遠出というのもいいなぁと思いました!

もう息子も周りに迷惑かけることもほぼなくなりましたので。

 

そして、今回予約して初めて知ったのですが、えきねっとには『トクだ値』という割引サービスがあります。

 

えきねっと会員限定、列車・席数・区間限定のインターネット予約限定のきっぷです。

さらに乗車日13日前の午前1時40分までのお申込みで通常の「えきねっとトクだ値」より、さらに割引率の高い「お先にトクだ値」もございます!

 

割引率は路線によって違うみたいですが、今回私が利用した『特急新宿さざなみ1号』はなんと40%OFF!!

普通に指定席買ったら親子で往復12,390円かかるところが、7,380円になりました!

差額5,000円以上。知らないと大損ですよね。

 

さらに14日以上前に予約すると早割サービスの『お先にトクだ値』というのも使えるそうなので、次はこれも忘れずに利用したいです。

新幹線でもどちらの割引も使えるそうなので、北陸あたりに行きたいなぁ〜

 

以上、電車の旅に、えきねっとトクだ値』が最強過ぎる!でした。

 

子連れゼブ島旅行⑤セブのマクドナルド

海外旅行へ行ったら行きたいとところに、私はマクドナルドがあります。

国ごとに特色あるメニューがあって、話のネタに面白いので。

 

SMショッピングモールという、デパートの入ったショッピングモールのようなところへ行ったのですが、メニューを眺めている間にどんどん追い抜かれていく私たちに気づいて、ホールのスタッフさんが声をかけてくれました。

日本ではあまりないことですが、幾つかのメニューが売り切れていました。

で、なんとか3人前の希望を伝えると、『これをレジに持っていけばいいよ』とメモに書いてくれました。

親切でありがたかったです。

 

頼んだのは

 

パッケージが日本とほぼ同じなので、あまり代わり映えしないかな〜と思ったのですが…

f:id:theakatsuki401:20170407132512j:image

 

このチキンのセット、白く包まれているのはご飯です!

f:id:theakatsuki401:20170407132714j:image

 

付属のソースをかけて食べてみましたが…なんか微妙…

f:id:theakatsuki401:20170407132728j:image

 

ふと横を見ると、フィリピン女子がチキンをほぐしてソースもご飯もごちゃ混ぜにして食べているではありませんか。

早速真似してみると、急に美味しくなりました!

東南アジア特有のパサパサしたご飯ですが、ソースと混ぜるとあまり気にならなくなります。

f:id:theakatsuki401:20170407132739j:image

 

ソースの味は、エスニック感もなく、あっさりとした塩コショウ味で、万人受けしそうな味でしたが、意外と薄味でちょっと足りないかも…

 

と、思ったら。

 

なんと店内にあるポット(1.5リットルくらい入りそうな大きなサイズ)にソースが入っているっぽいぞと気づき、見よう見まねでおかわりソース体験もしました。

 

 

食べ終わったらゴミはそのままテーブルに放置して帰るのがゼブ流のようです。

店員さんがさっさっとゴミを片付けて軽く(雑に)テーブルをふいていました。

f:id:theakatsuki401:20170407132751j:image

 f:id:theakatsuki401:20170410130700j:image

よくよくレシートを見てみると、トータルで410ペソ(約920円)でした。

インスタントラーメンが6ペソ(約14円)で売っていたので、そう考えると激安なお店ではないのかもしれないですね。

 

 

ちなみに、ハッピーセットのおもちゃはスマーフのお家のおもちゃでした。

f:id:theakatsuki401:20170410132645j:image

いいお土産になりました^^

 

続く

子連れセブ島旅行④ホテル『クリムゾンリゾート&スパ』

今回お世話になったホテルは、クリムゾンリゾート&スパ

http://www.crimsonhotel.com/mactan/

五つ星ホテルという事でかなり楽しみにしていました!

 

到着して最初に通されたロビー、こじんまりしていますがすごーくいい雰囲気です。

f:id:theakatsuki401:20170407132844j:image

息子はこの旅行のためにプレゼントしたデジカメで楽しんでいました。

 

f:id:theakatsuki401:20170407132913j:image

敷地内にはゆったりとヴィラが配置されています。

 

f:id:theakatsuki401:20170410121858j:plain

 

f:id:theakatsuki401:20170410121959j:plain

 

f:id:theakatsuki401:20170410122029j:plain

f:id:theakatsuki401:20170407132930j:image

 どこを撮ってもポストカードのような景色。

 

f:id:theakatsuki401:20170410120030p:plain

 今回宿泊したお部屋はデラックスガーデンルーム。

(写真が下手すぎたのでHPより画像おかりました。)

 

奥のドアの向こうには広いバスルームがあります。

f:id:theakatsuki401:20170410115209j:plain

反対がわにはシャワーブース、天井にはシーリングファン。

f:id:theakatsuki401:20170410115251j:plain

 滞在中何度か洗濯をしましたが、このファンのおかげでカラッと乾いてくれて助かりました。

 

ちなみに今回の旅行は、必要最低限の服(しかも捨ててもいいやつ)を持って行き、滞在中は洗濯して回して、帰る時に捨ててきました。

荷物も減るし、帰宅後の洗濯地獄からも解放されるし、クローゼットの整理にもなるしでいいことづくめ。

 

 

 こういう簡単に張れるロープと折りたためるハンガーを持参しました。

 100均でも売っていて便利。

ロープもちょっとした柱や出っ張りに張れるので、バスローブかけと思われる突起と、窓の鍵のハンドルを使って問題なくできました。

 

* * * * * * * * * *

 

ホテルのスタッフの方は本当にみなさんとっても感じがよくて、日本人からみても教育が行き届いていると感じました。

敷地内も常に清掃されていて清潔感があり、匂いや虫が気になることはまったくありませんでした。

 

唯一、カタツムリを外でよく見かけましたが、その大きさに驚いたくらい。

日本の3〜4倍あるんじゃないでしょうか…

 

ちなみに、日本語はほぼ通じません。

超カタカナ英語でなんとか乗り切りましたが、フィリピンの方の優しさのおかげです。

もう少し勉強しなきゃな、と痛感し、帰国後ラジオ英会話を始めたところです。

 

まだまだ書きたいことがあるので、また明日に続きます。

子連れセブ島旅行③発達障害児の飛行機持ち込みグッズ

セブ島旅行紀その③です。

 

今回の飛行機は子連れなのでなるべく無理のないプランにしようと、フィリピン航空セブ直航便にしました。

 

フィリピン航空は座席にモニターもないということを事前にリサーチしていたので、機内でどう息子をもたせるか気を揉んでいました。

前回の沖縄旅行の際は、離着陸時にちょっと泣いてしまったり、シートベルトを嫌がったり、シートベルトを締めなきゃいけない時にトイレに行きたがったり…いろいろ大変だったんです。

 

今回は、『鉄おも』、塗り絵、お菓子、ポケモンの小さいマスコットを持ち込みました。

 

小鉄向け雑誌(笑)『鉄おも』

今いるコミュニティの中では同学年の子の中で一番詳しいと自負している息子ですが、さらに上のレベルの小鉄がたくさんいるんだとよくわかる雑誌です。

イラスト投稿コーナーが楽しいです。

鉄おも 2017年5月号 Vol.113[付録:でんしゃスタンプ]

鉄おも 2017年5月号 Vol.113[付録:でんしゃスタンプ]

 

 

塗り絵は色鉛筆やクレヨンだと気に入らなかった時に崩れる恐れがあるのでフリクションを使っています。

これは息子がもっと小さな頃、筆圧が弱く色鉛筆ではあまり色がでなくてつまらなそうだったので、ペンを使わせてみようと思い導入しました。

家にあった適当なペンを使わせてみたら、色が濃いのは喜んだのですが、今度うまく書けなかった時に消してやり直したい!もうやりたくない!となる時期があり、フリクションなら綺麗に消せるから、と買いました。

ところがこれ、あっという間に書けなくなりまして…子供が使うと扱いが雑なので仕方ないんですけど。

今度はもう少し長持ちさせたいなと思い、塗り絵にはあまり向かないけど太めのポールペンタイプのこちらを追加購入。

 

 これはかなり持ちそうです。

太さは0.7mmなのでなんとか塗り絵も耐えられる…いや、きついけど(汗)

今回は5時間のフライトを持たせることが目的なので息子が文句を言わなければいいのです!

電車の絵を描くには、細かいところも書き込めて便利だし、結構気に入っているみたいです。

 

あとは以前書いたイヤーマフ

 

theakatsuki.hatenablog.com

 こちらは行きの飛行機で一度使用しました。

今回の旅行中、嫌な音は特になかったようで、そんなに出番がなくてよかったです。

東京の街中には息子の苦手な音が随分たくさんあるんだなぁとも感じました。

大人の耳に残るような工夫がされているってことなんでしょうけども。

 

今回の飛行機では、かなり息子の成長を感じました!

行きの着陸時に耳が痛くなってしまい、しかも周りの息子より少し小さい子供たちが大泣きしていたので、つられて泣くかと思ったのですが、『お母さん、耳が痛い』と辛そうに言いながらも、ジュースを飲むように言うと素直に飲み、泣くことなくじっと耐えていました。

こんな我慢ができるようになったんだなぁと感心しました。

飛行機の揺れにびびった母の方がうるさいくらいでした^^;

 

* * * * * * * * * * * * * * *

 

ちなみにフィリピン航空は、モニターがない代わりにmyPALというスマホ向けアプリがあります。

機内でスマホをモニター代わりにしてエンターテイメントが楽しめるという便利なものなのですが、事前にアプリをインストールしておく必要があります!

主人はきちんと準備していたのですが、私は飛行機乗ってからやればいっか〜とのんびりしていたら、息子の相手で慌ただしく気がつけば飛行機は雲の上…

まぁ本を持ち込んでいたのと、その本を読む暇もなかったので問題なかったんですけどね。

 

もし次回フィリピン航空を利用することがあれば入れておこうと思います!

myPAL Player

myPAL Player

  • Systems and Software Enterprises, LLC
  • 旅行
  • 無料

 

play.google.com

 

* * * * * * * * * * * * * * *

 

なんやかんや、まったく寝ることなく5時間半ほどでセブに到着。

日本との時差は1時間だけ(日本が5時の時セブは4時)なので、全然感じません。

空港には現地ガイドの方が待機してくれていて、現金を両替してもらいホテルへ送ってもらいました。

 

息子は最近車にはまっていて、送迎の車の車種は何か?をずっと気にしていたんですが、ハイエースに案内されてとても喜んでいました!

(スライドドアの車が大好きで、そうじゃないとテンション⤵︎⤵︎になるのです…)

 

空港から車で20分弱でホテルに到着。

ホテルについてはまた次回へ続きます。

子連れセブ島旅行②スカイライナーで成田へ

セブ島旅行、1日目の記録の続きです。

 

セブ島直行便に乗るため、成田空港へ。

都内の我が家からは日暮里経由スカイライナーで行くのが一番早かったので、朝ごはんも食べずに早朝の日暮里へ。

 

我が家の息子は筋金入りの小鉄!

スカイライナーに乗れることに大喜びで、4時きっかりに起きて親を起こしに来ました。

 

f:id:theakatsuki401:20170404131248j:image

眠い〜と目をこすりながら。

 

それにしてもスカイライナーって広い!

荷物を持ち込む事を想定しているので、座席間の距離がかなりあります。

飛行機のエコノミークラスとはえらい違いでした。

日暮里から36分で成田空港第二旅客ターミナルに到着。

あっという間でした!

 

成田空港にはトラベラーズショップがあるので楽しみにしていたのですが、朝食を取って息子のポケモンショップに付き合っていたら慌ただしくboarding timeが来てしまい見れませんでした…

 

帰りは急いで帰らないと翌日の学校に支障をきたす時間だし…諦めてまたそのうち空港に遊びに行くことにします。

 

 

続く

子連れセブ島旅行①発達障害児のためのお守りアイテム

息子が小学生になり、旅行は長期休みの時に行かなきゃいけなくなりました。

保育園の時は仕事が休みならいつでも行けたけど、今は学校を休ませるスケジュールはできれば避けたい。

 

今回は春休みを利用して、セブ島へ行く事にしました。

息子にとっては初めての海外旅行です。

どうなることやら。

 

飛行機は沖縄に行った時にデビューしているのですが、前回(6歳の頃)は離陸時の耳の違和感にやられてちょっと泣きました。

息子は少し聴覚過敏なので今回は新しい秘密兵器を持参。

 

 息子の場合は耳から入ってくる情報を適切に取捨選択する事が苦手です。

不要な情報も全部脳まで送り届けてしまうので、情報量が多過ぎてパンクするようなイメージでしょうか。

実のところは本人がもう少しうまく説明できるようにならないとよく分かりません。

 

そんな訳で、パンクする前に入ってくる情報量をコントロールするために用意してみました。

 

家電量販店の大音量のテーマソングも辛いらしくよく耳を抑えているので、お守りがわりに持ち歩いてもいいかなと思っていたんですが、昨日ヨドバシカメラに行ったところ、音量がだいぶ小さくなっていたんです。

それでも息子が耳を抑えていたので、店員さんに『でもだいぶ音量小さくなりましたよね〜』と聞いてみると、少し申し訳なさそうに教えてくれました。

あの家電量販店の歌って大人の耳に残るような音域で作られていて、それが子供には嫌な音域だったりするらしいです。

それでクレームが相次いだのかな?

 

私も音大き過ぎるんじゃない〜と思ってたので、少し控えめになってくれるなら嬉しいです。