障害児とディズニーシーへ! ”ゲストアシスタンスカード”を使ってみた!

こんにちは。

なんだか更新が久々になってしまいました。

本日は障害児と行く東京ディズニーランド東京ディズニーシーで用意されている大変ありがたいサポート、”ゲズトアシスタンスカード”のレポートです。

 

 

 前置き

先日息子の運動会の振り替え休日で東京ディズニーシーへ行ってきました!

なんと私は10年ぶりの東京ディズニーリゾート

私実はディズニーランドとかすごく苦手なんです…

 

まずキャラクター物が特に好きではないし、何より人混み!とにかく人が多すぎる!!

10代の頃は年に一度くらい行ってたんですよ。

大人になるにつれ、自分の好みが分かってくると、好き好んで行くことがなくなりました。

10年前に行った時は、サービス業をしていたのですが、社内の表彰制度で月間1位になり、その賞品としてペアチケットをいただき、1年間の使用期限ギリギリになんとか行ったのでした。(サービスを見てきなさいという会社の思いもあったので、行かないわけにもいきませんでした。)

その表彰制度で2ヶ月連続で1位になったため合計4枚のチケットがあったのですが、2枚は友人に譲ってしまいました。

 

つまり、私にとってディズニーリゾートは『チケットをタダでもらっても50%の確率で行かないくらい苦手』な場所でした。

 

月日は流れ、子供を持ち、成長するにつれ、あれがやりたいこれがやりたいと言い出します。

ついに来てしまいました、息子の『ディズニーランドに行ってみたい』!!

年を重ねますます人混みは苦手になりましたが、息子の希望を叶えてあげるために重い重い腰を持ち上げたのでした。

 

 

前置きが長くなりましたが、改めて本題にいきますね。

 

ディズニーリゾートの障害者割引

我が家の息子は広汎性発達障害精神障害者手帳3級です。

発達障害の手帳というものはないため、知的な遅れが軽度の場合は精神障害者手帳を持っていることがよくあります。)

どこかへ行く時は、一応障害者へのサービスやサポートなど何かあるか、ないか確認をしています。

 

ディズニーリゾートにはパークチケットの障害者割引はありません。

どんな障害者も健常者と同じ料金を支払いパークチケットを購入する必要があります。

 

ディズニーリゾートの障害者サポート

割引がないかわりに手厚いサポートがあり、そのサポートに必要なのがゲストアシスタンスカードです。

www.tokyodisneyresort.jp

 

 

ゲストアシスタンスカードとは?

ゲストアシスタンスカードは、疾病、負傷などにより体の機能が低下し(一時的な場合を含む)何らかのお手伝いを必要とされる方の、パークでの負担を軽減するためのサポートツールです。
カードには利用される方のお名前とグループ人数、その方に合わせたお手伝いの内容(ベビーカーのままご案内/ご希望の席にご案内/スピーカーの近くにご案内/待ち時間経過後にご案内)が記載されます。

特に確認されなかったのですが、我が家の息子は聴覚過敏なので、スピーカーから離れた場所に案内、があったらいいなぁと今振り返って思いました。

パーク内の音響はすごく大きいです。

パレード中はびっくりするほどです。

ただ、敏感な子供がうるさく聞こえる音を使わないように配慮されているのか、息子が音を嫌がることは終日ありませんでした。

 

 ヨドバシカメラで音を嫌がった時の話はこちら。

theakatsuki.hatenablog.com

 

待ち時間を他の場所で待機することができる 

列に長時間並ぶことが困難な方は、待ち時間のあいだ、列の中ではなく別の場所で待機することができます。アトラクションではカード1枚につき4名(本人+同伴者3名)、キャラクターグリーティング施設ではカード1枚につき10名(本人+同伴者9名)のご案内となります。グループが上記の人数より多い場合は、同伴の方に列にお並びいただき、乗り場での合流をお願いする場合があります。

 

例えば乗りたいアトラクションへの待ち時間が120分の場合、希望のアトラクションの入り口のキャストさんにこのカードを渡し、120分後の時間を書き込んでもらいます。

その時間までは別の場所で待機していてOK。

時間になったらまたアトラクションへ行くと、すぐに乗れるように案内してもらうことができます。

 

 

ゲストアシスタンスカードの入手方法

ゲストアシスタンスカードを入手するためには、パーク入場口近くにある”ゲストリレーション”で手帳を提示する必要があります。

必ず忘れずに!事前に電話予約ができますので、予約しておくとスムーズです。

手帳の顔写真と本人の確認や、カードの使い方など詳しく確認&説明されます。

悪用されないようにキャストの方もきちんとチェックしている印象でした。 

 

f:id:theakatsuki401:20170530085130j:image

 

無事カードをいただきいざパークへ!

息子は初めて見る夢の世界に目がキラキラしていました!

この時点で『あぁ、頑張って連れてきてよかった…!』とウルっとしてしまいました(笑)

 

 

いざ、ゲストアシスタンスカードを使ってみた!

最初に向かったのは息子がCMで見て『これやってみたいからディズニーシーにする!』 と前から決めていた”ニモ&フレンズ シーライダー”!!

 

 

 

………

 

 

 

なんと…

 

 

 

190分待ち!!ファストパスは発行終了!!

 

月曜日だというのにあまりの人混みにすっかりやられてしまい、ちょっとパニックになりそうでしたが。

 

そこで、列最後尾にいるキャストのお姉さんにゲストアシスタンスカードを出してみると、『では今から190分後の14:05になったらまたきてくださいね〜』とニコニコカードに記載してくれました!

 

 

 f:id:theakatsuki401:20170530113445j:image

 

 

よかった〜じゃあご飯でも食べる?

この近くにあるホライズンベイってレストラン、キャラクターと写真撮れるみたいだよ、などと話しながらウロウロ…覗いてみると…

 

 

 満席、50分待ち!!

 

 

まだ11時でお昼時ではないけどかなりの混雑…

うーん…どうしよう。

 

 

この後も行く先々で1時間以上待つのが当たり前、という状況。

ポップコーンを買うにも30分以上は並ぶ…もうスムーズに買えるものは何もありませんでした(涙)

 

 

息子がお腹すいたと言いださなくて本当によかった。

実は入園直前にサンドイッチを食べさせていました。

単純に車酔いをするので朝イチで食べて出発は危険と判断して、到着間近に朝ごはんを食べさせただけなんですけどね。

 

 

そんなこんなで14時になったのでシーライダーへ!!

キャストのお姉さんにカードを見せると、『こちらへどうぞ〜!』とニコニコとご案内くださいました。

 

なんと5分ほどで中へ。

炎天下で190分並んでいる他のお客さんに申し訳ない気持ちも感じつつ、とにかく感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

息子はもちろんとってもご機嫌!

退場口へ歩きながら『お水が降ってきたね!』『クラゲの背中をボヨンボヨンした〜!』『楽しかった〜』と大喜びでした。

 

 

ゲストアシスタンスカードの注意点

ゲストアシスタンスカードは並ぶ時間を他の場所で待機するためのもの

その時間は他のアトラクションでカードを使うことはできません。(普通に並んでアトラクションを利用する事はできます。)

カードを利用してアトラクションを楽しんだ後は、また別のアトラクションで時間を書いてもらえます。

 

時間が限定されるファストパス以上に便利にアトラクションに乗れると言ってもいいくらい、本当にありがたいサポートです。

マナーを守って節度ある利用を心がけましょう!

 

使ってみた感想

何はともあれ、とにかくありがたいサポートです。

例えば障害者割引をしてもらってパークに入ったとしても、この混雑ではおそらく楽しむことはできないと思いました。

それなら料金はしっかりとるけどその分楽しめるよう手厚いサポート体制を整える!というオリエンタルランドの心意気を感じました。

さすが神サービスのオリエンタルランドさん!

私が会社の表彰制度の賞品でペアチケットをもらったことも、こういったところを見てきなさいという社長の気持ちだったんだと改めて思いました。

 

私には障害児がいますが、障害者割引で安く行きたい、お金を払いたくないと思っているのではありません。

ただ、息子は一般のルールの中では難しい場面に遭遇することが多い為、楽しめるレジャーには多少制限があります。

人が多い場所はどうしてもハードルが上がります。

思う通りに行かないと小学2年生の今も泣いたりパニックになったり…人の目もかなり気になります。

今回の東京ディズニーシーでは多少プリプリすることはありましたが、泣くことも大きな声で私に文句を言うこともなく、ほぼ笑顔で過ごすことができました!

 

なんだか定型発達の子と変わらないんじゃないかと思えるくらい、穏やかに楽しそうにしている姿をみて、東京ディズニーリゾートのサービスの深さを感じています。

 

問題を抱える子供に付き添う家族の不安って結構大きいと思います。

パニックを起こしたら、癇癪を起こしたら、人前で大騒ぎしてしまったら、常にそういうことが頭の中にいっぱいで、レジャーを楽しむというところにたどり着けないことも少なくないんじゃないかな、と思っています。

今回のディズニーシーでは、息子が楽しそうにしてくれることで、私にも少し余裕ができ、家族も楽しむことができました

これが本当のサービスなんだと思います。

すべてのゲストに楽しんで帰ってもらう、ということなんですね!

 

素晴らしいサポート体制に触れて、正直また行きたいなと思いました!!

あんなに苦手だったのに!

 

 

次はお年玉をもらったらディズニーランドに行きたいんだそうです。

何度も何度も『ディズニーシー楽しかった!』『ニモのね…』『ジェットコースターがね…』と嬉しそうに話してくれる姿を見ていると、また連れて行こう!と思いました!

 

キャストの皆さん、楽しい思い出を本当にありがとうございました!

 

 f:id:theakatsuki401:20170530113625j:image

 

 

 

ブックオフでまとめ買いしたら…店員さんの神対応に感動!!

先日GWのブックオフのセールで主人が漫画を大人買いしてきました。

 

全33巻の漫画をまとめて6000円で購入できたそうで、『1500円も安く買えたよ〜』と嬉しそうに毎日ちょっとずつ読んでいました。

 

 

ところが…

24巻まで読み進めた時、なんと26巻が抜けていることが発覚!

どうする?セールで買ったしね〜レシートはあるけど抜けている証明なんてできないし、クレーマー扱いされるのも嫌だしね〜と話していました。

 

ダメ元で一応連絡してみるよーと話していて、その日すっかり忘れ(笑)

夕方思い出したので、預かったレシートに記載されている電話番号にかけてみました。

 

電話口に出たのは若そうなアルバイトと思われる男性。

 

事情を伝えると、即答で『申し訳有りません、在庫があればこちらからご自宅までお持ちするか郵送でお送りするかさせていただきます』と!

 

 

そこまでしてもらうのは気がひけるなぁと思っていたのですが、まずは在庫を探してもらうことに。

すぐに在庫があることが確認され、引渡し方法の相談に。

 

実はそれほど遠くない距離(同じ市内)ではあったのですが、自転車で行くにはちょっと遠く、車を持っていない我が家はカーシェアリングをしないと手軽に行けない距離の店舗だったため、可能なら郵送の方が助かることを伝えました。

 

送料が発生することなので、上の方に判断を仰ごうと思ったようで、一旦保留に。

 

保留音の後『お電話変わらせていただきました〜』と別の男性が電話口に出られ、『ご自宅が遠いためお店に来ていただくのは難しいということで伺っています』と…

 

あ、いや、そんなわけではないんです、ただちょっと楽しようとしただけなんです…

 

と思いながら、やんわりと遠くないけど時間が確保できそうになくて、ということを説明しました。

ちょっとえらいっぽい人が出てきちゃったし、やっぱりだめだよね、と思っていたら…

 

『よろしければ今日この後ご自宅にお届けに伺います』と!!!

 

 

ええええええーーーーーー!!

 

そんなそんな!そこまでしてもらっちゃって申し訳ないです!と辞退はしてみたものの、なんやかんやでお願いすることになりました。

 

ここのブックオフは特に買取のために車でこの辺りを巡回しているわけでもないそうで、単純にこの要件のためだけに我が家まで来てくださるとのこと…

 

ありがたすぎます。

すごすぎます!!ブックオフさん!!

 

何より感じたのは、最初に電話口に出た方、2番目に出た方、その奥で判断し指示をした社員の方(この方がわざわざ届けに来てくださるようです)、全員が

少しでも手間をかけさせずに満足してもらおうと努力していたことです。

これってなかなか真似できるものではないと思います。

 

私はこれまでメーカーのカスタマーサポートでたくさんの派遣社員や委託先の社員・バイトさんを使って顧客対応をする仕事を主にやってきましたが、どうしても人の力で行うサービスはレベルを均一化することが難しく、ばらつきが出てしまいます。

今回は自分で判断をすることができない(権限がない)アルバイトの方も、同じ気持ちで対応してくれいています。

だからこそ、2番目に電話口にでた方が『ご自宅が遠いためお店に来ていただくのは難しいということで伺っています』とおっしゃったんです。

きっとアルバイトの男の子は私の話を補完して、『ご自宅が遠くて来ていただくのは難しいので郵送してもいいですか?』と確認したんだと思います。

 

たまたまこブックオフですごくモチベーションが高い方が出ただけかもしれません。

でもすごく嬉しくて、感動して、私はまた行きたいなと思いました。

そして、こんな素晴らしいサービスを受けたことを、誰かに伝えたくてブログに書いています。

いやーびっくりです。ブックオフさん!ありがとう!!

近いうち時間を見つけて必ず何か買いに行きます!!

 

 

☆☆☆追記☆☆☆

先程ブックオフの方がいらっしゃいました!

 

なんとなんとなんと…ブックオフお買物券300円分まで持ってきてくださいました(>_<)

 

申し訳なさすぎて辞退したものの、持ってきてくださった方も受け取って下さいという感じだったのでありがたくありがたーく受け取らせていただきました!

 

もう絶対これ握りしめてマンガ大人買いしに行きます!!

 

どうかこのブログがブックオフのお偉いさんの目に止まってみなさんが社内でで表彰されますように(笑)!!

 

 

 

※このブログを読んで全国どこかのブックオフへ行って同じ対応を求めないでくださいね!サービスとは求めるものでは有りません!

 

 

 

ブランド偽ロゴを使うという事 シャネル偽ロゴ使用で逮捕

先日こんなニュースを目にしました。

 

www.sankei.com

ネイルサロンでシャネルのロゴマークを使用して『シャネル風デザイン』として販売していた方が逮捕されたというニュース。

 

編み物にはまりインスタでおしゃれな編み物作品を探して見ていると、逮捕者同様に有名ブランドのロゴを使用している方をしょっちゅうお見かけします。

 

私自身はもともとブランドのロゴがバーンとデザインされた物やモノグラム的なデザインは好きではないので選ばないんですが、世の中にはそのマークが付いていることが大事という人がいるんですね。

マークが付いてても品質が伴わないなんて何がいいのか全く理解できないんですけど…

 

インスタを見てると自分の販売サイトを持つわけでもなく、インスタのコメントやDM機能で希望者と連絡を取り合って直接代金のやり取りをして販売している方がたくさんいます。

いつかトラブルが起きて厳しく規制されるんじゃないかと思っていますが。

 

編み物に関しては、ハンドメイドサイトより洗練されたデザインのものが多いと思いました。

買ったことはないのでクオリティはわかりません。

みなさん写真を撮るのはものすごく上手なんだと思います。

ちょっと検索するとこの手のロゴ使用の方もわんさか出てきます。

で、このロゴパーツやキャラクターデザインなんかを使用している方が声高に『デザインの盗用・模倣はご遠慮ください』とか言っていることも多く、びっくりします。

 

今の所私がフォローしている方でこのニュースを受けて「私は今後ロゴ使用など一切しません」とか言い出した方はいませんでした。

 

偽ロゴをつけた作品を欲しがる人は、【作品の品質<ロゴマーク】の方なのだと思います。

心を込めて丁寧に作った所ではなく、偽物のロゴが付いている事が評価されても嬉しくないけどなぁと思いました。

スコップコロッケならぬ、まさかの!スコップ焼売!!

先日焼売を作りました。

私の母が昔からよく焼売を作ってくれて、気が付けば私の得意料理と言いますか、人を呼んだ時に作ったりする定番メニューになってました。

 

で、焼売って餃子よりも家で作る人が少ないのか、餃子の皮はあっても焼売の皮はないスーパーも結構あります。

 

何度か皮探しに苦戦したのち、もう面倒になりもち米で作ることにしました。

包む面倒くささはたいして変わらない、水に浸けておく必要があるのがちょっとマイナス、でも日持ちするのがプラス、結果市販の皮を買うのとトントンくらいの感覚です。

 

で、初日はきちんと綺麗に丸めてもち米をつけて蒸して美味しくいただきましたが、具も水に浸けたもち米も結構残ってしまいました。

 

そこで!作ってしまいました…

スコップコロッケって一時期流行りましたよね、

その焼売バージョン…

 

『スコップ焼売』!!

 f:id:theakatsuki401:20170510214211j:image

 

蒸すのにすごく時間かかりました…

そして肝心のお味の方は…

 

やっぱり一つずつ包んだ方が美味しいよね!

美味しい料理は一手間かけることの積み重ねですね。

まぁ家族は美味しいと言ってくれたので良しとします。

 

なんかもうちょっとアレンジして、豪華メインディッシュにできるんじゃないの?という可能性を感じるお料理でした(笑)

 

なんだかシリーズ物のようになりました。

相変わらず編み物にハマっています。

(アクセサリーネット販売の準備がんばれよ)

 

monopopという韓国発なのか?とっても派手でかわいい糸を見つけたんですが、一玉1800円。

うーん、ちょっとお高め…

ファブリックヤーンはみんなこれくらいするので、このブランドが高いわけではないです。

 

数日悩み、まあ結局買いました。

そして編みました!

 

かなりガチャガチャした柄なので、無色の面積を確保したデザインで作ってみました。

斜めがけのバッグ、サングラスケース×2、ポーチ、IDを首からかける紐(小学校行くときに保護者証をかけるために使うの)です。

 f:id:theakatsuki401:20170510140957j:image

同じような色合わせで作ったのでシリーズ物みたいになりました!

次は何作ろうかな〜♬

 

LEATHER ETERNITY BRACELET

趣味でアクセサリーを作っています。

これまでは自分の周りのお友達から頼まれて作るくらいだったのですが、ネット販売を始めようと日々準備中です。

 

私が作っているのは、『LEATHER ETERNITY BRACELET』と名付けた、スワロフスキーをレザーコードで編みこんだブレスレットです。

エタニティリングのようなデザインなのでこの名前をつけました。

 

今日はホームページに載せる写真を撮っていたのですが、なんせ写真のことは全然わからないので…手探りで時間ばっかりかかっている気がします。

 

何事もやってみるのみ、毎日ちょっとづつ積み重ねていけば、そのうち形になるはず〜とのんびりやっています。

 

今月中に販売受け付け開始を目標にがんばります!

 

 f:id:theakatsuki401:20170511064931j:image

f:id:theakatsuki401:20170509162630j:imagef:id:theakatsuki401:20170509162639j:image

ゴールデンウィーク『俺のフレンチTOKYO』でランチ

火曜日に銀座へ行きました。

月火と息子は学校へ行くので、9連休の私達はたまには二人でごはんを食べようと俺のフレンチへ。

 

前日の深夜に急遽思い立ったので予約はしていません。

当日席があるという事だったので、オープン30分くらい前にお店の様子を見てみると、すでに10人くらい並んでいました。

 

一巡目で入りたかったので、私達も列に並びました。

 

開店10分前にはスタッフの方がディズニーランドの『ジャングルクルーズ』のノリで、本日のオススメの説明をしてくれ、5分前にはお店に入れてくれたので、並んでいる時間はあっという間でした。

 

開店と同時に160席あるお店が満席になるのはすごいです。

 

鮮魚のタルタル

f:id:theakatsuki401:20170503074855j:image

 

本日のスープ かぶとフォアグラのポタージュ

f:id:theakatsuki401:20170503074904j:image

 

ランチ限定 真鯛のパイ包み焼き

f:id:theakatsuki401:20170503074909j:image

 

オマール海老のロースト
コレもかなり大きかった!
f:id:theakatsuki401:20170505042630j:image

 

ランチ限定 ローストビーフ

(ガラスの蓋が被せられていて、中には桜チップのスモークが。フタを開けると燻製のいい香りが広がりました。)

f:id:theakatsuki401:20170503074921j:image

かなり分厚いです。でも柔らかい!

f:id:theakatsuki401:20170503075016j:image

 

デザート いちごとピスタチオのパフェ

f:id:theakatsuki401:20170503075008j:image

 

シャンパンとワインもいただいて、お腹いっぱいになりました!

(写真を忘れましたが、白レバーのムースとパンも食べてました。)

 

これだけ食べて飲んで17,000円はやっぱり激安ですね〜。

一つ一つのお料理のポリュームがかなりあります。

 

 息子がいない時に思いっきりフレンチ食べたい!と思って行ったんですが、帰る頃には『息子も一緒に来られるね』と言い出し、二人だとなんだか寂しいような物足りないような、天邪鬼っぷりでした(笑)

 

食後は腹ごなしに伊藤屋で文房具を眺めて帰りました。

今度は息子も連れて行こう!