読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別支援学級に通う息子、放課後デイサービスへ行く

今日も息子の放課後事情について書いていきたいと思います。

毎日あっという間に過ぎていく中で、子供に関することはきちんと記録しておかないと後で困ることが多いです。

ついこの間も新しく仲良くなったママ友に学童をやめた理由を話していた時、具体的なエピソードが思い出せなくて自分でも呆れました。

 

今日は、学童をやめた息子が通う、放課後デイサービスについて。

 

 

放課後デイサービスって?

放課後等デイサービスとは、障害のあるお子さんや発達に特性のあるお子さんのための福祉サービスです。

6歳から18歳までの就学年齢のお子さんが通うことができます。

児童発達支援管理責任者が作成する個別支援計画に基づいて、自立支援と日常生活の充実のための活動などを行います。

放課後等デイサービスは2012年4月に児童福祉法に位置づけられた福祉サービスです。

 

我が家の息子が通う放課後デイサービスは、一つは株式会社が運営、もう一つはNPO法人が運営しています。

我が家は私が仕事をしている平日月〜金まで利用していますが、土曜日・祝日もやっています。また、土曜日にお出かけやみんなでお料理などのイベントも月に1度くらいあったりします。

 

対象となる児童は?

原則として6歳から18歳までの就学児童で、障害手帳、療育手帳(※「愛の手帳」「みどりの手帳」と呼ぶ地域もある)、精神障害者保健福祉手帳などの手帳を所持する児童
または、発達の特性について医師の診断書がある児童 

 通級・特別支援学級・特別支援学校に通う子がほとんどです。

デイサービスによって、通級・支援級が多いところ、障害が重めの子が多いところと特色があったりします。

また、療育の内容も、運動や音楽、ソーシャルスキルなど、特色をもたせた内容だったりするので、その子にあったデイサービスを選ぶことが大切だと思います。

息子の場合はこだわりが強く、強制的に何かをやらされることにストレスを感じやすいので、わりと自由にさせてくれるデイサービスを選びました。

 

  メリット

①個別指導計画の作成

放課後デイサービスは児童発達支援管理責任者が個別指導計画を作成してくれます。

子供の特性や親の要望などを踏まえて目標を設定し、どうしたら達成できるかを考えるための計画です。

我が家の息子の1年生の目標は、「お友達を作り仲良く遊ぶ」としました。

2年生になったらまた新しい目標を追加したいなと思っています。

 

特性を理解した上で子供と関わってもらえるのはとてもありがたいです。

学童では障がい児として登録していたので、加配の対象のはずなのですが、実際は息子のためにというよりは、学童全体に一人指導員が増えたという程度でした。

そんな状態なので、その特性に合わせた指導というのはもちろんなく、息子がお友達とぶつかったり、ルールや順番にうまく折り合いをつけられないことが多々発生していましたし、そんな時のフォローもあまりなかったように思います。

②学校・自宅への送迎

息子が通う放課後デイサービスは送迎サービスがあります。

学校が終わる時間に車で学校まで迎えに行き(長期休暇中は朝自宅へ迎え)、夕方自宅まで送り届けてくれます。

この送迎は大変助かっています。

ただ、18時には帰ってくるので、フルタイムワーキングマザーには厳しいです。

(我が家はおじいちゃんのサポートがあるのでなんとかやっています。)

 

気になっていること

概ね満足している放課後デイサービスですが、母親としては気になることもあります。

一つは指導員のレベルにばらつきがあること。

これは学童でも同じですが、保育園の頃と比べるとかなり違います。

(保育士さんてすごかったなぁと今更関心してしまいます。)

 

連絡帳にただの報告というか愚痴というような…「今日は〇〇ができず怒っていました」とか書かれているだけの日は「いや、だからそこをちゃんと指導してよ〜!」とイラッとすることもあります。

周りの先輩ママさんの話によると、デイサービスと管理責任者によってこの辺はかなり雰囲気が変わるようなので、気になることがあればすぐに責任者に伝えていくことも保護者として大事なことだなと思います。

 

もう一つは、長期休暇時の朝の迎えが遅いこと。

放課後デイサービス自体が始まるのが9時くらいなのもあり、それから迎えにくるので下手すると10時近い時もあります。

我が家はおじいちゃんに助けてもらっていましたが、この前先輩ママさんから「うちは朝送ってそのまま仕事に行ってるよ」と教えてもらって、その手があったか!と思ったところです。

1時間近くいつくるかとただ待たされるよりは、こちらから送っちゃった方がよっぽどいいや〜と思ったので、今度の春休みはそうしてみようと思います。

 

 

いろいろと書いてみましたが、息子は居心地が良いようで学童の頃よりはストレスなく過ごせていると思うので、まずは良かったです。

また、放課後デイサービスで仲の良いお友達ができたのが何より嬉しい成長でした。

どうやら自分と同じ年で同じレベルで電車のことを知っている子がいたようで、『やるな!』と思ったのか、急に興味を持ったようです。

今後も楽しく通えると良いなと思います。

また息子が壁にぶつかることがあるかもしれませんが、その時はフットワーク軽く居場所を探してあげたいなとも思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!