読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムビチケを使ってみました!デートにオススメ!

こんにちは!

先日ムビチケを購入した際に、わからないことが多くググったことが多かったのでまとめてみたいと思います。

映画前売り券にもいろいろと種類があるのですが、今回はムビチケについて。

先日購入したムビチケカード券についてです。

 

 

 

ムビチケとは?

ムビチケは、映画の前売り券です。

ムビチケはネットで座席指定ができる 通常料金よりオトクな映画前売券です。
通常料金より最大で400円(※1)もオトク!!
映画が公開したら、ムビチケ対応劇場のWeb上で座席指定(※2)ができ、鑑賞当日は、劇場の自動発券機で入場券を発券するだけでスマートに入場できるチケットサービスです。
※1 通常一般との比較 ※2 一部劇場を除く

 

よくあるご質問 | ムビチケ

 

ムビチケの種類

【ムビチケオンライン券】【ムビチケカード券】【ムビチケコンビニ券】の3種類があります。

【ムビチケオンライン券】
ムビチケ購入番号がメールで届くペーパーレスなeメール型映画前売券です。当WEBサイトで販売しています。

【ムビチケカード券】
ムビチケカード券裏面にムビチケ購入番号が入ったカード型映画前売券です。全国のムビチケ対応劇場やプレイガイドで販売しています。
全国のムビチケ対応劇場でご利用いただける 「全国券」と、指定劇場のみでご利用いただける 「劇場券」の2種類があります。

【ムビチケコンビニ券】
コンビニエンスストアでご購入いただける店舗発券型映画前売券です。 全国のセブンイレブンで販売しています。(一部作品のみ)

オンライン券がとっても合理的で良さそうなのですが、今回はプレゼントするために購入したので、ムビチケカード券を選びました。

ムビチケのいいところ

安い!

ムビチケは前利券なので、一般的な映画前売り券同様値引きされています。

大人で1400円〜1500円なので、通常料金より最大400円も安く買えちゃいます。


記念に残る!

ムビチケはそれぞれの映画のデザインがされたカードになっているので、映画を見終わった後も思い出にとっておくことができます。

(半券でもとっておくことはできますが、時間とともに印字が薄れますよね…)

 

私が先日購入したのは『ララランド』です。

バレンタインにチョコレートと一緒にプレゼントするために買いました。

 

f:id:theakatsuki401:20170322085426j:plain

とっても喜んでもらえたので、今写真を見返してもなんとなく嬉しくなります^^

 


座席予約もできてスマート!

ムビチケは事前に支払いを済ませ、座席指定もできます。

チケットを用意して良い席押さえて〜とデートの時にやってくれたらめちゃくちゃ嬉しい!

(全ての劇場で対応しているわけではないようなので確認が必要ですね。)

対応劇場 | ムビチケ

 

 ムビチケの注意しないといけない点

わかりづらい

初めて利用する時はヘルプを見ながらじゃないとわかりづらいです。

買える場所、座席の指定の仕方、当日の入場の仕方など。

 

キャンセルができない

座席指定をするとキャンセルできません。

よくあるご質問 | ムビチケ

 

お得にならないこともある

映画の割引サービスは前売り以外にもいろいろありますので、前売り券以上に安くチケットを購入できる方法もあります。

トーホーシネマだとこんな感じです。

  • ファーストデイ

    毎月1日は、映画が1,100円!
    映画の日:12月1日は1,000円

  • レディースデイ

    毎週水曜日は、女性1,100円!

  • シニア割引

    60歳以上の方は入場料一律1,100円(年齢を証明できるものをお持ちください)

  • auマンデイ

    auスマートパス会員、auスマートパスプレミアム会員またはビデオパス会員は1,100円

 

www.tohotheater.jp

 

 ハンディキャップ割引もあります。

これは手帳が必要です。

 

我が家の発達障害児は障害者手帳を持っているので、近所の映画館で聞いてみたところ、本人と付き添い1名が1000円になるとのことでした。

実はつい最近まで手帳で映画が安くなるらしい、というのをすっかり忘れていたため、まだ利用したことはありません。

 

座席指定をして、チケット種類を選ぶ段階で『障害者割引』を選択するみたいですね。

今度実際に行ってみたらまたレビューしたいと思います。

 

 カード券は映画館じゃないと買えない

これが面倒でした^^;

なんでもオンラインで調達できるこのご時世に、

わざわざチケットを買いに映画館に行くなんて…

でも今回はララランドのカードが欲しかったので仕事終わりにダッシュしましたよ。

 

 ムビチケカード券、使ってみました!

映画館で購入

映画館のチケット売り場で購入します。

全国のムビチケ対応劇場でご利用いただける 「全国券」と、指定劇場のみでご利用いただける 「劇場券」の2種類があります。

私が購入したララランドは特に選択する必要なく全国券でした。

映画によってちがうのかな?

 

座席予約

座席指定がいつからできるかは劇場によって違うようなのですが、私が行ったトーホーシネマでは、2日前の0時から予約可能でした。

公開されて最初の週末に息子が放課後デイサービスの遠足に行く予定があったので、ここしかない!と鼻息荒く予約をしました。

0時になって30分経たないくらいにサイトへ行くと十分に選べる状態でした。

(都内のベッドタウンの映画館なので、新宿や六本木とかだと違うかも)

 

その後、券種を選択し、「ムビチケまたはTCチケットをお持ちの方」を選択します。

f:id:theakatsuki401:20170322120918p:plain

 

 こんな画面が出るので、ムビチケの裏に記載されている購入番号と、スクラッチを削るとでてくる暗証番号を入力して認証します。

f:id:theakatsuki401:20170322121030p:plain

 

あとは必要事項を入力すると購入番号がメールで届きます。

これで座席指定予約完了。

 

当日映画館で

自動券売機に「購入番号」「電話番号」を入力するだけで発券できました。

私たちは直前までお寿司を食べていたせいで時間ギリギリになり、大慌てで映画館の店員さんに聞きながら発券したので、ちっともスマートにはいきませんでしたが^^;

 

便利さはオンラインでささっと予約したほうが早いのは間違いないのですが、カードがなんだかとっても嬉しくて、いい思い出になりました!

いつも息子ばかり優先している我が家なので、二人で映画デートというのがとても新鮮で、改めて感謝の気持ちを持てたのがとってもよかったです。

 

また機会を見つけて利用してみたいと思います!