虹色日記

広汎性発達障害を持つ小学生を育てています。少し変わった我が子を楽しく育てていこうと日々奮闘する毎日の記録です。

子連れセブ島旅行③発達障害児の飛行機持ち込みグッズ

セブ島旅行紀その③です。

 

今回の飛行機は子連れなのでなるべく無理のないプランにしようと、フィリピン航空セブ直航便にしました。

 

フィリピン航空は座席にモニターもないということを事前にリサーチしていたので、機内でどう息子をもたせるか気を揉んでいました。

前回の沖縄旅行の際は、離着陸時にちょっと泣いてしまったり、シートベルトを嫌がったり、シートベルトを締めなきゃいけない時にトイレに行きたがったり…いろいろ大変だったんです。

 

今回は、『鉄おも』、塗り絵、お菓子、ポケモンの小さいマスコットを持ち込みました。

 

小鉄向け雑誌(笑)『鉄おも』

今いるコミュニティの中では同学年の子の中で一番詳しいと自負している息子ですが、さらに上のレベルの小鉄がたくさんいるんだとよくわかる雑誌です。

イラスト投稿コーナーが楽しいです。

鉄おも 2017年5月号 Vol.113[付録:でんしゃスタンプ]

鉄おも 2017年5月号 Vol.113[付録:でんしゃスタンプ]

 

 

塗り絵は色鉛筆やクレヨンだと気に入らなかった時に崩れる恐れがあるのでフリクションを使っています。

これは息子がもっと小さな頃、筆圧が弱く色鉛筆ではあまり色がでなくてつまらなそうだったので、ペンを使わせてみようと思い導入しました。

家にあった適当なペンを使わせてみたら、色が濃いのは喜んだのですが、今度うまく書けなかった時に消してやり直したい!もうやりたくない!となる時期があり、フリクションなら綺麗に消せるから、と買いました。

ところがこれ、あっという間に書けなくなりまして…子供が使うと扱いが雑なので仕方ないんですけど。

今度はもう少し長持ちさせたいなと思い、塗り絵にはあまり向かないけど太めのポールペンタイプのこちらを追加購入。

 

 これはかなり持ちそうです。

太さは0.7mmなのでなんとか塗り絵も耐えられる…いや、きついけど(汗)

今回は5時間のフライトを持たせることが目的なので息子が文句を言わなければいいのです!

電車の絵を描くには、細かいところも書き込めて便利だし、結構気に入っているみたいです。

 

あとは以前書いたイヤーマフ

 

theakatsuki.hatenablog.com

 こちらは行きの飛行機で一度使用しました。

今回の旅行中、嫌な音は特になかったようで、そんなに出番がなくてよかったです。

東京の街中には息子の苦手な音が随分たくさんあるんだなぁとも感じました。

大人の耳に残るような工夫がされているってことなんでしょうけども。

 

今回の飛行機では、かなり息子の成長を感じました!

行きの着陸時に耳が痛くなってしまい、しかも周りの息子より少し小さい子供たちが大泣きしていたので、つられて泣くかと思ったのですが、『お母さん、耳が痛い』と辛そうに言いながらも、ジュースを飲むように言うと素直に飲み、泣くことなくじっと耐えていました。

こんな我慢ができるようになったんだなぁと感心しました。

飛行機の揺れにびびった母の方がうるさいくらいでした^^;

 

* * * * * * * * * * * * * * *

 

ちなみにフィリピン航空は、モニターがない代わりにmyPALというスマホ向けアプリがあります。

機内でスマホをモニター代わりにしてエンターテイメントが楽しめるという便利なものなのですが、事前にアプリをインストールしておく必要があります!

主人はきちんと準備していたのですが、私は飛行機乗ってからやればいっか〜とのんびりしていたら、息子の相手で慌ただしく気がつけば飛行機は雲の上…

まぁ本を持ち込んでいたのと、その本を読む暇もなかったので問題なかったんですけどね。

 

もし次回フィリピン航空を利用することがあれば入れておこうと思います!

myPAL Player

myPAL Player

  • Systems and Software Enterprises, LLC
  • 旅行
  • 無料

 

play.google.com

 

* * * * * * * * * * * * * * *

 

なんやかんや、まったく寝ることなく5時間半ほどでセブに到着。

日本との時差は1時間だけ(日本が5時の時セブは4時)なので、全然感じません。

空港には現地ガイドの方が待機してくれていて、現金を両替してもらいホテルへ送ってもらいました。

 

息子は最近車にはまっていて、送迎の車の車種は何か?をずっと気にしていたんですが、ハイエースに案内されてとても喜んでいました!

(スライドドアの車が大好きで、そうじゃないとテンション⤵︎⤵︎になるのです…)

 

空港から車で20分弱でホテルに到着。

ホテルについてはまた次回へ続きます。